無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ◎新入生のみなさんへ◎
    0
      新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます(*^-^*)

      女子フットサル部 SIMONNAのマネージャーのさやかです!

      毎週水曜日(13時半〜16時半)と日曜日(10時〜13時)に
      グランドの奥のハンドボールコートで練習しています!
      (雨天時は室内コートを借りて練習します)


      シモンナは練習は週に2回と他の部活に比べれば少なめですが、
      だからこそ1回1回の練習をと〜〜っても大切にしています!
      バイトや他の活動と両立している子もたくさんいます!

      初心者ではじめた子がほとんどなので、フットサルやったことなくても大歓迎です!
      みんなで頑張って、どんどんフットサルが好きになっていきます(#^.^#)

      練習風景はこんな感じです!




      目標に合わせていろんなメニューで練習します!
      練習を積み重ねていくにつれてみんなどんどん成長します(*^^*)


      わからないことはすぐ先輩に聞いたり、アドバイスをもらったりします!




      また、月に1回大会に出場しています!










      | SIMONNA | 連絡・予定etc | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      12/25(SUN)練習
      0
        水曜日の長久手での練習のことをまとめます!(^^)!

        メニュー
        ・パス練
        ・パスゲーム
        ・2対2
        ・ゲーム

        ≪2対2≫
        DFについて
        ・2対1で数的不利の状況の時は、無理にプレッシャーをかけたり、つめるのではなく、もう1人(ゲームだったら他の味方)が来てくれるまでは、時間を遅らせることを考えればいい。
         →だから、ボールマンをライン際に追いやるように、OF2人の間に入ってパスコースを切るだけでよい。

        そういわれてから、DFがよくなった反面、OFがライン際に追いやられることが多くなったので、、、
        みんなそれぞれOFはどうしたらいいか考えました。

        OFについて
        ・まず、実際のゲームの中で、数的有利で攻めれる速攻の時間はあって、2・3秒しかない。
         →その時間内で攻めるためには、ボールをもった人はパスじゃなくて、自分でシュートを行くことを一番目の選択肢として持たなくちゃいけない。
         →DF守りの体制に入るよりも前に、ボールを前に運べるように、トラップや攻め方をトラップ前に考えておかなくちゃいけない。 

        ・もう1人の動きについて。
         →数的有利のうちに攻めれるように、攻めのアイディアを持つ。
         
         集合の時に攻めのアイディアが人数分出たように、考えるほど、攻め方はたくさんあると思うので、どんどん考えながら試していってほしいのと、その都度、2人で「どうやってやりたかった?」みたいな意見交換も忘れずに(^^)

         やっぱり、チームの目標として、速攻で点がとれるチームというのがあるので、この2対2の練習を大切にしていってほしいと思います。
         あと、今月の目標の1つでもある、狢攻の位置取り瓩鮹成するためにもね。

        ≪ゲーム≫
        まず一番は、チームの目標がDFな以上は、DFの練習になるようなOFをしなければいけないので、OFは、スペースを見つけて動いたりして、DFを崩せるようにならなくちゃいけないっていうことでした。

        ・フィクソが抜ける
         →なかなかアラとの信頼関係がないとフィクソが抜けるってことができないと思うんですけど、フィクソが抜けることで、OFの3枚の形は一時的に崩れることで、DFも崩れやすい。
         →そこで、ボールを持ってるアラがドリブルでスペースに運んだり、逆アラが降りたりして、フィクソが抜けたスペースを攻撃に活かして、DFを崩して、チャンスをつくる。

         他のポジションの人にとっても、ダイヤの形で攻めてるOFにとってコートの四隅はスペースです。
         そのスペースをうまく使えるようになりましょう。
         
         だから、まずは、スペースを作る・見つけるってことと、それを他の味方が気付いて動くことが大切ってことですっ!

         だけど、忘れないでほしいのは、出し抜けをする前の3枚でのパス回しがきちんと安定してることが大切です。
         事前のパス回しの時に、パスミスが多いのに抜けたらピンチになってしまうし、
         パスの段階で意思の疎通ができていると、抜けた後のコミュニケーションがしっかりとれるし、
         味方の動きに気付くことができるので、それを忘れないでね。
         

         おーわーり!
         毎度のことながら、遅くてごめんね。

         そして、明日の練習は今年一年の蹴りおさめ、かつ、長久手前の最後の練習なので、雪とかふりそうな寒そうな天気っぽいけど、元気よくがんばりまっしょーうっ!

         
        | SIMONNA | 練習 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        11/17(SUN)DFの確認
        0
          日曜日にやった4対4のDFの取りどころの確認と復習です!
          書くのが、水曜の当日の午前でほんとにほんっとにごめん!

          では、復習!

          まず、今月の3観点は
          ・OFで3枚で回す時の位置取りがいい。
          ・DFの時に腰を落とせてる。
          ・DFの取りどころがわかってて、できている。

          の、3つ目のDFの取りどころを共通認識として練習しました。
          まず、言葉で言うと、
          アラでプレッシャーをかける

          ピヴォがコースを限定させる

          ピヴォがコースを限定させた側のアラで取り切る。

          1.まず、アラがプレッシャーをかける。
          →この時、プレッシャーをかけられたアラがパスを出しにくくするのが目的なので、それくらい強めにプレッシャーをかける。

          〇:OF △:DF

          2.右アラからフィクソへのパスがゆるかったり、パスがスムーズじゃなかったら、ピヴォのDFはどちらかのアラへのコースを切る。
            (ピヴォが切るコースはどっち側でもいいけど、右側でDFしてたから、右側を切る方が走る距離が短いよね。)
            →ピヴォは毎回コースを切るわけじゃなくて、あくまで、OFのアラからのフィクソへのパスがゆるかったりした時だけ。

           

          3.OFのフィクソからのパスコースが左アラだけに限定されているから、そこへのパスをカットする。


          言葉と図で書くとこんなかんじなんだけど、実際やると難しかったね;
          一番多かった反省は、DFのピヴォの人がコースを切る時と切らない時の判断をはっきりさせる、でした。

          コースを切るなら、その次のアラへのパスをアラのDFの人は狙わなきゃいけないけど、そのピヴォがコースを切るのか切らないのかが微妙だと狙えないまま進んでいってしまうので、取りどころがなくなってしまいます。

          なので、ピヴォがコースを切りに前に出る時は、OFのパス回しがゆるかったりパス・トラップがスムーズじゃない時です。
          つまり、ピヴォがコースを切ってアラがパスカットを狙えるだけの時間がある時だけです。
          (うーん、、、。伝わる?;)

          OFのパス回しがスムーズなのに、ピヴォのDFの人がコース切って前に出たらその分、中のスペースが空いちゃって、中に通されるかもしれないし、
          パスカットを狙う前に、アラへのパスが通っちゃってるかもしれません。

          だから、OFがフィクソからアラへのパスをする間に、DFがコースを切って次のパスが狙う準備ができるだけの時間がある時に、これをやります。
          (うー、伝わりずらくてごめん!)

          だから、一番大切なのは、まず、アラでしっかりプレッシャーをかけて、OFのパス回しのリズムを崩すこと!
          そして次に大切なのは、ピヴォのDFの行くのか行かないのかの判断で、行くと決めたなら、大きい声で意思表示!
          そして、それをカットすることを目指す!

          こうやって、DFが連動して動いていけると、シモンナが目指す<DFで崩してカウンターで点がとれるチーム>に近づけると思うので、その第一歩として、集中的に練習して、DFを作りあげていきまっしょーう!



           
          | SIMONNA | 練習 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          10/23(WED)練習
          0
            日進で練習でした。
            遅くなりましたが…3年生の先輩方おかえりなさい(-^〇^-)
            また一緒に練習できてとっても嬉しいです(^^)!

            この日は練習時間が2時間と短かったので、ひとりひとりの行動が早くてよかったと思います!

            〈メニュー〉
            1 ボールタッチ
            2 対面パス
            3 平松パス
            4 パスゲーム
            5 DF
            6 3-2
            7 ゲーム

            《ボールタッチ》
            1ヶ月練習を積んだので、1年のボールタッチが変わってきたな〜と見ていて感じました!
            これからもたくさん練習してシモンナ全体で基礎のレベルを上げていきましょう!
            マネもボールタッチは練習中なのでみんなを目標に頑張ります(*^^*)

            《平松パス》
            ※内トラップ
            ピヴォ当てのイメージで取り組んでみましょう。
            顔をあげて、体の向きを意識することが大切だと思いました。
            ※内当て
            反省の時にも言いましたが、
            パスをもらうときにボールに対して真正面に体が向いていると次の人へパスを出すとき、その方向に体を切り替える時間がもったいないので、
            パスを貰う方向とパスを出す方向のどっちも意識して体を開いた状態でパスが出せるといいと思います!

            《3-2》
            ※OF反省
            ボールをもらった後にどうするかを考えるとDFに追いつかれてしまう
            →ボールをもらう前に周りの状況を把握する
            トラップでDFからボールを遠ざけて、動かす
            ファーストタッチを大事にする

            ※DF反省
            判断を早くする
            →つめたり下がったりするときに相手やゴールの位置、状況を把握しておく

            ”状況を把握する”ために首ふりや声出し、外からの声かけなど大事にしていきたいですね(*^^*)

            《ゲーム》
            ビブ りさ てし みさき まや まみ
            なし ちい ぼす さとみ みよこ かな ぼの

            ゲーム結果メモし忘れてました( ; _ ; )
            ごめんなさい( ; _ ; )

            にーさんからの反省を聞いて
            シモンナは”なんでできなかったのか?”を考えることは多いですが、
            ”なんでできたのか?”を考えることが少ないのかも、と感じました。
            できなかった原因を考えることはとても大切だしやらなくちゃ次につなげられません。
            でもそれと同時に、できたことやうまくいったことをちゃんと認めて、それがどうしてできたのかを考えることでさらにプレーのレベルが上げられるんじゃないかな〜と思います!

            さやかでした(*^_^*)
            明日も頑張りましょう!
            慰労楽しみです〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
            | SIMONNA | 練習 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            10/6(SUN)ティアラリーグ
            0
              VS Junge Bletter Aさん
              1-1 (ゆうこ)

              VS YAMA倶楽部さん
              3-1(2本:みよこ 1本:まや)

              VS ビブリカルFCさん
              6-0(2本:ゆうこ 1本:みさき、さとみ、かな、みよこ)

              VS ヴェルトーレさん
              1-1()


              ・相手のチームがボックスの形だったとしても、フィクソだけはしっかり後ろにいること
              ・カットしたあと次につながらない
              ⇒ここでDFの体の入れ方を使う
              ・ゴール前までいくけどシュートが決まらない
              ・ポジションにこだわらず動く
              ・戻りと切り替えをもっと早く
              ・つめれるところで詰めきれてない


              反省でも出ていましたが、はじめの方の声が少なかったです。
              はじめからコートの中の人も外の人も声を出してみんなでモチベーションをあげて試合にのぞみたいですね!
              マークマンの番号を呼んだり、チェンジやついていくときなどの声かけが少なくてマークミス、DFのずれにつながってしまったところもありました。
              1回だけ言って伝わった気分になるんじゃなくて、何度もいって味方に伝えないといけないと思います(>_<)
              みていて、DFの体の入れ方などで練習が活きている人がいていいことだな〜と思いました!
              難しいことですが、相手がどんなプレーでも、自分達のやりたいことをつきとおしていきたいですね!
              声と意思疏通、がんばりましょう〜*\(^o^)/*
              わたしも外から声しっかり出していこうと思います!

              | SIMONNA | 試合・ティアラリーグ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |