無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    11/17(SUN)DFの確認
    0
      日曜日にやった4対4のDFの取りどころの確認と復習です!
      書くのが、水曜の当日の午前でほんとにほんっとにごめん!

      では、復習!

      まず、今月の3観点は
      ・OFで3枚で回す時の位置取りがいい。
      ・DFの時に腰を落とせてる。
      ・DFの取りどころがわかってて、できている。

      の、3つ目のDFの取りどころを共通認識として練習しました。
      まず、言葉で言うと、
      アラでプレッシャーをかける

      ピヴォがコースを限定させる

      ピヴォがコースを限定させた側のアラで取り切る。

      1.まず、アラがプレッシャーをかける。
      →この時、プレッシャーをかけられたアラがパスを出しにくくするのが目的なので、それくらい強めにプレッシャーをかける。

      〇:OF △:DF

      2.右アラからフィクソへのパスがゆるかったり、パスがスムーズじゃなかったら、ピヴォのDFはどちらかのアラへのコースを切る。
        (ピヴォが切るコースはどっち側でもいいけど、右側でDFしてたから、右側を切る方が走る距離が短いよね。)
        →ピヴォは毎回コースを切るわけじゃなくて、あくまで、OFのアラからのフィクソへのパスがゆるかったりした時だけ。

       

      3.OFのフィクソからのパスコースが左アラだけに限定されているから、そこへのパスをカットする。


      言葉と図で書くとこんなかんじなんだけど、実際やると難しかったね;
      一番多かった反省は、DFのピヴォの人がコースを切る時と切らない時の判断をはっきりさせる、でした。

      コースを切るなら、その次のアラへのパスをアラのDFの人は狙わなきゃいけないけど、そのピヴォがコースを切るのか切らないのかが微妙だと狙えないまま進んでいってしまうので、取りどころがなくなってしまいます。

      なので、ピヴォがコースを切りに前に出る時は、OFのパス回しがゆるかったりパス・トラップがスムーズじゃない時です。
      つまり、ピヴォがコースを切ってアラがパスカットを狙えるだけの時間がある時だけです。
      (うーん、、、。伝わる?;)

      OFのパス回しがスムーズなのに、ピヴォのDFの人がコース切って前に出たらその分、中のスペースが空いちゃって、中に通されるかもしれないし、
      パスカットを狙う前に、アラへのパスが通っちゃってるかもしれません。

      だから、OFがフィクソからアラへのパスをする間に、DFがコースを切って次のパスが狙う準備ができるだけの時間がある時に、これをやります。
      (うー、伝わりずらくてごめん!)

      だから、一番大切なのは、まず、アラでしっかりプレッシャーをかけて、OFのパス回しのリズムを崩すこと!
      そして次に大切なのは、ピヴォのDFの行くのか行かないのかの判断で、行くと決めたなら、大きい声で意思表示!
      そして、それをカットすることを目指す!

      こうやって、DFが連動して動いていけると、シモンナが目指す<DFで崩してカウンターで点がとれるチーム>に近づけると思うので、その第一歩として、集中的に練習して、DFを作りあげていきまっしょーう!



       
      | SIMONNA | 練習 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://simonna.jugem.jp/trackback/193