無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    5/5(SUN)合同練習
    0

      長久手でYAMA倶楽部さんと合同練習をしていただきました!(^^)!
      コーチがいないSIMONNAにとって、こうやって教えていただける機会は
      貴重なので、大変ありがたかったです!
      ありがとうございました(^^)

      ≪パス練≫
      初めに、アップで鬼ごっこをしてからパス練!
      インサイドパスと、浮き球をそれぞれ足裏トラップしばりで、コート全体を使って動きながら。
      意識したことは、かならずパス&ゴーをすることと、
      トラップしたらスペースにボールを運ぶこと。

      パスしたい人と自分の間にDFがいたら浮き球で、いなかったらインサイドパスで。
      基本的にSIMONNAは、サイドからのボールだしの時、裏にボールを通す時しか、浮き球を使ってなかったけど、こういう練習で動きの中で浮き球を使えて、トラップができるようになると、もっとパス回しの幅が広がるね!

      それと、いつもみたいに、対面とか三角とか四角とか、決まった形でのパスじゃない分、
      ボールから目を切らないようにしましょう!


      ≪2対1≫
      注意されたポイント
      ,泙此▲乾譟璽蹐らのパスをもらった人は、パスする人の方に体を向けて、きちんとしたパスを出す。
      →はじまりのパスを大切に。そのまま体を正面にむけてダイレみたいな適当なパスしてる人が多かったです。

      △呂犬泙辰燭蕋庁討魯瀬奪轡紊韮錬討裡何佑鮓れる位置まで下がる。
      →いつものグランドでの練習の時は、ハーフよりも遠い位置から始めるから、OFもゴールまでが遠かったし、DFも余裕をもって下がれてたと思うんですけど、今日みたいに、ハーフコートで初めからゴールからの距離が近い分、DFはいつもよりももっと早く・ダッシュで下がらないとOF2人を余裕をもって見れないと思いまいた。

      それと、言われたように、まず後ろに下がるのは、DF2人を見るためと、ゴール前のスペースを消すっていう意味なので、がんばってダッシュしましょう。

      パスコースを切ってつめる。
      →つめるの判断が遅かったり、甘かったりでした。
      ゴール前近くなったら、勢いよく早くつめる。

      ぅ粥璽訌阿泙嚢圓辰燭薀ーパーもこみの2対2にする。
      →ゴール近くなったら自分のマークマンに対して、もう体の向きをそっちに向けて、しっかりプレッシャーをかけてライン際においやる。
      パスが出されたら、ゴレーロにまかせる。
      ゴレーロも打たれそうになったら、前に出てプレッシャーをかける。


      それと、意識はしてるつもりでも、DFの人で初めに下がってから、顔を上げてOFの2人を見れてる人が少ないと言われました。
      OF→DFの切り替えを早くするために、いつものグランドで練習する時もハーフぐらいから始めてもいいんじゃないかなって思いました(^^)


      ≪2対ゴレーロ≫
      試合中で数的有利の時間は少ないので、よりボールタッチを少なく前に運ぶ練習ということで、
      ハーフラインあたりから初めて、シュートまで4タッチ以内(内1本はパスする)シュートをする。
      トラップも1タッチと数える。

      注意された点
      .肇薀奪廚覗阿鳳燭屐
      トラップも1タッチに含まれて、そこからパスすると2タッチも使ってしまうから、できるだけトラップを前に大きくして、トラップの段階で前に運ぶ。ダイレも有効的◎

      △い蕕覆げパスが多い。

      2・3タッチ目には、もうシュートを狙えるようにする。

      ぅ織奪楚瑤少ない分、はやくボールが回るので、パス&ゴーをしっかりする。

      ≪シュート練≫




      ,凌佑魯僖垢鮟个靴燭蕁一回逆にチェックを入れてから、ボールをもらえる位置に走る。
      △凌佑蓮▲僖薀譽蕕離僖垢鬚世后
      →できるだけ、ライン際に。
      →ライン際のパスができるようになればなるほど、DFは足が出しにくいし、、出したら、マイボールから始められるので。

      注意点
      機↓,魯船Д奪
      →ただサイドステップで横に行くんじゃなくて、それではDFはつれないので、体ごとチェックの方に向けて、大きく右足で踏み出して、チェックをする。

      供↓△離僖垢呂任なかったら、一度止めてからでもいい。それから、ちょっと浮かしたパスを出す。

      できるようになったら、次はファーをつける。
      ファーを付けると、シュートを打つ人がちゃんとゴールを見れるのでよい◎

      次は、ピヴォをつける。

      注意点
      掘↓△六呂瓩らピヴォを狙わない。
      →一度パラレラを狙って、それがDFにブロックされて出せないから、次ってことで、中にボールを運んでピヴォにパス。


      ≪ゲーム≫
      まずは、アップの鬼ごっこの時のYAMA倶楽部さんSIMONNAのMIXのチームで。
      それから、SIMONNAの学年ごとのチームとYAMA倶楽部さんとでゲームをしました。

      2年生チームが一番勝ったかな?(*^_^*)
      3年生はちょっとふがいない結果で、
      1年生はできることを一生懸命やってるかんじでした◎

      3年生はOFのフィクオのラインが高かったから、カットされてDFになった時に、ゴールとの距離が遠くて、おいつけないっていう反省がありました。

      2年生はチェックがないっていう反省が。
      だけど、速攻の時に、ボールの運び方、パスのタイミング、次の人がいるっていう点で、今日一日で成長できてるなーって思いました◎

      1年生は、つめるのタイミングが悪かったのと、後ろ3枚でのパス回しの時に、それぞれの人の動きが少なかったです。だけど、積極的にみんな前に走ってて、すごくいい姿勢でした◎

      それと、今日パス練から、浮き球の練習をしていたので、ゲーム中も、動きの中で、いっぱい浮き球があってよかったです◎


      一日教えてもらうことがいっぱいで、SIMONNAにとって、すごく実りのある一日だったと思います!
      YAMA倶楽部さん、本当にありがとうございました(*^_^*)


      以上、ななえでいた!

      | SIMONNA | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://simonna.jugem.jp/trackback/170